山田念珠堂では長らく台湾の数珠玉加工工場で「共摺り磨き」された1級品の玉のみを使用してきましたが、ランクダウンの製品であるディフュージョン商品を2018年より扱い始めました。ディフュージョン商品で使われる貴石は含浸・コーティングによる艶出し商品であることを特徴としております。元来の素材を吟味した「共摺り磨き」による1級製品には「日本製」「伝統と技術 日本製」と記したタグを付け、ディフュージョン商品には「ディフュージョンラインとして、海外品質の加工石を使用して国内で製作した日本製の念珠です」と記したタグが付けられます。ディフュージョン商品の原材料はあくまでも2級品であり、天然石ですが加工品であることには変わりがなく、1級品ではありませんのでご承知下さい。

青虎目石・ディフュージョン商品
写真は青虎目石・ディフュージョン商品
玉の色や筋が不均一なことが分かる ディフュージョンのタグが付けられる

同じように見える数珠で値段が何故違うのか

 水晶・メノウ・ヒスイなどの天然石の場合、原石があり、厳選し共摺り磨きによる艶出しのみで仕上げることのできる部分はごく一部です。同じ原石からでも傷がある原石は含浸・コーティング加工が必要となります。傷のある原石を玉に加工し含浸・コーティング仕上げを行いますので、廃棄される石はほとんどなく全てを製品として安価に提供できます。パワーストーンや通販などで安価に流通している数珠の中には、このようなコーティング・含浸加工された製品が多いにも関わらず、1級品と同様の価格で販売されているものもあります。

1級品製造に欠かせない共摺り工程
1級品製造に欠かせない共摺り工程
穴の中まで磨かれた数珠玉が作られる
1級品製造の中で規準に適合せず廃棄される原石
1級品製造の中で規準に適合せず
廃棄される原石

共摺りにおける研磨、艶出しという工程は非常に手間と時間がかかるものです。共摺りの後に、色合いを揃えた数珠を製作するのですから、コストがかかります。山田念珠堂の1級製品は共摺りによる玉を使用したもので、製品には日本製のタグが付けられます。
一方で人工的にコーティング着色した製品は玉の色揃えも容易で、選別のコストもかかりません。
デュフュージョン製品にはこうした玉が使われており、デュフュージョン製品であることを示したタグを付けております。

写真はアベンチュリン・1級製品
写真はアベンチュリン・1級製品
翡翠色の珠の並びが美しくボサも全くの同色 日本製のタグが付けられる
写真はアベンチュリン・ディフュージョン商品
写真はアベンチュリン・ディフュージョン商品
親珠・ボサから伸びる軸に強い素材である「PE」が編み込まれている
写真はローズクォーツ・1級製品
写真はローズクォーツ・1級製品
半透明のピンクの珠の並びが美しく、軸も房もおなじ糸。日本製のタグが付けられる 
ローズクォーツ・ディフュージョン商品
写真はローズクォーツ・ディフュージョン商品
親珠・ボサから伸びる軸に強い素材である「PE」が編み込まれている 

ガラスより安い
「天然石と称する水晶」
がある理由

水晶の場合ですと、天然水晶の他、人工水晶・溶錬水晶がありますが、水晶という商品名のみで人工的に作られた「ガラス」より安い「天然石と称する水晶」が実際には流通しており、皆様には注意して頂きたいと存じます。実は宝石の業界でも「樹脂含浸処理」「コーティング」のことが問題として取り上げられており、その鑑定はなかなか難しいもので、お客様の目では判別することは、なかなか容易ではありません。

水晶の生地
水晶の生地 透明感が高く傷が少ない素材を選んでいます
厳選された素材の水晶数珠
厳選された素材の水晶数珠
大玉を使用した 片手念珠
大玉を使用した 片手念珠

ディフュージョン製品で使われる
「切れにくい糸」の秘密

ディフュージョン製品は数珠玉の穴の中の加工が粗く、早い段階で中通しの糸が切れて数珠がバラバラになる可能性がありますが、山田念珠堂では「なるべく切れにくい糸」を採用することで、製品化しております。その糸とは、ポリエステル素材で縦・横・捻じれに強い素材「PE」で、弾力性と収縮性がない為、リボン状に平糸を作りこれをツズラ織に織り込み、撚りを掛け合糸し、弾力性と収縮性を作り出しています。さらに色糸の開発ができ、赤・ピンク・紫・グリーン・茶・白色を染色できましたが、職人の手組はできず、弊社の自動組機の改造により組み上げることで確かな製品とさせて頂くことができました。

「PE」を中通し紐とするディフュージョン商品
「PE」を中通し紐とするディフュージョン商品
自動四つ組機があるからこそ生まれるディフュージョン商品
自動四つ組機があるからこそ生まれる
ディフュージョン商品

ここが違う山田念珠堂の数珠

山田念珠堂、数珠づくりの理念
しなやかで輝く房オリジナル房の数々
国産数珠へのこだわり